IEC InternationalEducationCenter 一般財団法人 国際教育振興会

English Leaflet (PDF) Downroad

「国際教育振興会」は1947年4月、「国際教育文化協会」の名称で設立されました。1948年8月、文部省認可の財団法人となり、1958年12月、東京都所管の財団法人に移行、2012年4月からは内閣府所管の一般財団法人となっています。設立以来、65年にわたり、「国際教育交流・異文化理解促進事業」と「英語・日本語等語学教育事業」の2つの事業を展開しています。

■国際教育交流・異文化理解促進事業

国際的な場で通用する英語力と教養を涵養する「グローバル人材育成プログラム」、日米両国で交互に開催する「日米学生会議」(1934年〜)、「外国人による日本語弁論大会」(1960年〜)などを実施、開催しています。また、「高円宮妃殿下英語論文コンテスト」日本側事務局を務めています。

■英語・日本語等語学教育事業

初心者から上級の通訳者養成までの英語教育を行う「日米会話学院」(1945年設立)、主に成人外国人に対し日本語教育を行う「日本語研修所」(1967年設立)の2つを運営しています。

EVENTS & ACTIVITIES

第59回 外国人による日本語弁論大会
The 59th International Speech Contest in Japanese

世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第59回大会は以下の要領で開催いたします。


日 時:
2018年5月26日(土)午後1時〜5時
会 場:
壱岐の島ホール「大ホール」(長崎県壱岐市)
応募受付期間:
2018年2月1日(木)から4月17日(火)
主 催:
国際教育振興会、国際交流基金、壱岐市
後 援:
外務省、文化庁、長崎県、長崎県教育委員会、壱岐市教育委員会、長崎県国際交流協会、NHK、NHKエデュケーショナル、日本語教育学会
協 賛:
キッコーマン株式会社、専門学校新聞社、にほんごの凡人社、リコージャパン株式会社、留学生新聞、壱岐酒造協同組合、一般社団法人壱岐みらい創りサイト、壱岐ステラコート太安閣、ビューホテル壱岐

第59回実施要領、申込書はこちら弁論大会のページへポスター実施要領申込書

第58回 外国人による日本語弁論大会
The 58th International Speech Contest in Japanese

第58回大会は国内外から29カ国、87名の応募がありました。予選審査の結果、11カ国、12名の方々が出場され以下の要領で開催されました。出場者結果一覧はこちら

大会の模様は、7月15日(土)午後2時00分より NHK Eテレで放送されました。


日 時:
2017年6月17日(土)午後1時〜5時
会 場:
ノバホール(茨城県つくば市)
主 催:
国際教育振興会、国際交流基金、つくば市
後 援:
外務省、文化庁、茨城県、茨城県教育委員会、つくば市教育委員会、茨城県国際交流協会、つくば市国際交流協会、NHK、NHKエデュケーショナル、日本語教育学会
協 賛:
キッコーマン/専門学校新聞社、にほんごの凡人社、リコージャパン、留学生新聞、つくば文化振興財団、オークラフロンティアホテルつくば、稲葉酒造

第58回スピーチ動画はこちら2017年度の動画をみる

過去大会のスピーチ動画も配信中!
→ 2016年度の動画をみる → 2015年度の動画をみる
→ 2014年度の動画をみる → 2013年度の動画をみる

■ 2019年度以降の開催地募集中!→ 開催地募集について詳しくみる
お問い合わせ先: 一般財団法人国際教育振興会「外国人による日本語弁論大会事務局」
e-mail: benron@iec-nichibei.or.jp   Tel: 03-3359-9620

第69回日米学生会議
The 69th Japan-America Student Conference (JASC)

日米の大学の有志学生によって提唱され、1934年、第1回会議が開催されました。以来、太平洋戦争のよる中断をはさみ、毎年夏、日米相互に開催されています。日本側、米国側からそれぞれ36名ずつ、72名の学生が参加し、約1ヵ月の間、各地を視察し、起居をともにしながら、政治、経済、社会、教育、文化などの多部門にわたり討論を行います。2017年度の会議は日本にて、以下の要領で開催されました。


開催地:
京都、愛媛、三重、東京
開催期間:
2017年8月6日(日)〜28日(月)[本会議]
テーマ:
「己を省み、人を知る。−価値観の共有から生まれる可能性-Self and Society: Sharing Perspectives and Inspiring Action」
後 援:
外務省、文部科学省、米国大使館、一般社団法人日米協会

報告会・説明会を以下の要領で開催いたします。


第69回日米学生会議報告会&第70回説明会
『人生を変える夏、覗いてみませんか。』

日 程:
2017年12月2日(土)12時開場
場 所:
明治大学 駿河台キャンパス リバティタワーリバティホール
備 考:
入退室自由・参加費無料
主 催:
一般財団法人国際教育振興会
後 援:
明治大学

日米学生会議(JASC)Home Page
日米学生会議案内書

第22・23回英語教育方法研究セミナー
The 22nd, 23rd English Teaching Methods Seminar

小学校、中等教育の現場で応用可能な英語教授法の多様な側面を紹介します。受講者の皆さまにも参加して頂く、実践演習方式のセミナーです。


対 象:
小学校教員、中学・高校の英語教員、英語教員志望の大学生、英語教育に関心のある一般社会人など
日 程:
2018年3月下旬および7〜8月
会 場:
一般財団法人国際教育振興会 日米会話学院 (東京、四谷)

詳細をみる

実施要領は出来次第、本サイトおよび日米会話学院のサイトに掲載いたします。

第37回「全国中学高校教員による英語弁論大会」
The 37th All Japan Teachers’ English Speech Contest

中学高校の現職教員に実力開示と競技参加への機会を提供することで、教育現場での英語教育の向上に寄与することを目的に以下の要領で開催されました。(本大会は今年度は開催休止といたしました。)

日 時:
2015年11月15日(日)午後1時開始
演 題:
「異文化理解」、「英語教育」、「世界・アジアの中の日本」、「教育と社会」などの分野から自由にテーマを設定(7分程度)
会 場:
国際教育振興会・桜美林大学ビル地下ホール(東京・四谷)
後 援:
文部科学省、日本英語検定協会、米国大使館、桜美林学園、日米協会、国際交流基金日米センター、朝日新聞社、全国英語教育研究団体連合会、専門学校新聞社

第37回(2015年度)大会  → 実施要領 → プログラムをみる
第37回大会(2015年度)入賞者の写真とスピーチ(音声)! こちらから
第36回大会(2014年度)入賞者の写真とスピーチ(音声)! こちらから
第35回大会(2013年度)入賞者の写真とスピーチ(音声)! こちらから

高円宮妃殿下英語論文コンテスト(後援:アルバータ大学、協力:カナダ大使館)
Princess Takamado Essay Contest

「高円宮日本教育・研究センター」(カナダ・アルバータ大学内)の活動の一環として、「高円宮殿下日本カナダ記念基金」、「アルバータ大学Faculty of Extension」の後援、「在日カナダ大使館」の協力により、実施されます

論文テーマ:
Both Japan and Canada are playing leading roles in the world, as host nations of the G7 in 2018 and the G20 in 2019. In 2018-2019, the two countries also celebrate the 90th anniversary of diplomatic relations. How can they work collaboratively for a better world?
応募資格:
以下のいずれの条件も満たす方
1. 日本の大学に所属する学部生、または2017年3月以降に学部卒業した者
2. 総計一年以上カナダに対際経験がないこと
3. 英語圏で中高教育以降の受講経験がないこと
4. 日本国籍保持者
5. 両親が英語を母語としないこと
6. TOEFLで65iBT™, 5.0 IELTS™以上または同等の英語力がある者
賞:
一等賞: アルバータ大学英語プログラムの受講+旅費(C$3,500相当)
二等賞: カナダ旅費補助(C$1,000)
三等賞: 商品券(C$250)[2名]
応募締切:
2018年2月15日(木)締切

2017年度ポスター(和文・英文)/実施要領をみる
※国際教育振興会は、「高円宮妃殿下英語論文コンテスト」の主旨に賛同し、広報面で協力をしています。

海外高校・大学・大学院生の日本研修
Japan Studies Program

エルマイラカレッジ(米国ニューヨーク州)日本研修プログラム

同大学の日本研究ゼミ生10〜12名と担当教授が3週間の日程で来日。当初は四谷の弊会での日本語研修、日本研究ゼミ、都内見学、都内近郊でのホームステイ体験。その後、広島、京都、名古屋への社会見学後帰国。

米国高校生夏期日本研修プログラム

米国ワシントンD. C.の主要高校からの高校生6〜7名および引率の米国人教師1名を対象に東京、広島、京都、奈良への社会見学、東京でのホームステイを実施します。

実施期間:
2017年6月29日(木)〜7月20日(木)

2017年度実施報告をみる